雑記

思ったこととか書きます。

作業環境を整えた話

◆どういう作業環境が欲しいのか

6年間苦楽をともにしたiMacがご臨終した話は前回書いた。

そのため予定していなかったタイミングで作業環境を再構成する必要が出たわけだけど、どういう作業環境にしたいのか、というのは前からぼんやりとしたプランはあった。

どういう作業環境を欲したのかと、現状がどうなのかは以下の通り。

 

・ケーブル1本でクラムシェルモード*1

机に向かわなければPCを使えないというのは結構億劫だった。これからの季節はそうでもないのだが、なにせ築50年のボロアパート住まいのため冬はとても寒い。たまに冗談抜きで外の方が暖かい。できればコタツで作業したい。そうでなくても外で作業したり人と作業したりを考えるとノートPCの方が有用に思えた。

ただ仮にもデザイナーなので、13インチや15インチといった小さな画面では作業に支障が出る。そのためクラムシェルモードで使うというのはノートPCを買う上での前提条件だったし、そのためにケーブルを何本も繋ぐというのは億劫だし、今日日のMac BookはUSB-Cアダプタ2つだけだったりもするので、ケーブル1本でのクラムシェルモードが欲しかった。

これについてはBelkinのThunderbolt3対応のドッキングステーション*2に期待していたのだが、これがいつまで経っても発売されない。

Thunderbolt3への対応に時間がかかっているという側面もあったようだが、色々と調べているうちにそもそも永久に発売されることはないのではないかという結論に至った。

LG UltraFine Displayが完全にドッキングステーションの役割を食っているのだ。

 

LG UltraFine Displayは2016年のMac Book Proとの連携を前提に作られているモニターで、驚くべきことにこのモニターには電源ボタンを含み一切のボタンが存在しない。

あるのはMac Bookからの入力用のUSB-Cと、その他の機器との接続用の3口のUSB-Cのみだ。

ケーブル1本でクラムシェルモードという要求には完全に応えているし、その設計の潔さも好みだった。おまけに5Kという超高画質ときている。

100000円近い値段だけはネックだったが、他の5Kモニターが200000円近くすることを考えるとかなりお買い得でもあるのかもしれない。

 

 

・きちんとしたバックアップ

恥ずかしながらこれまでまともにバックアップを取っていなかった。

そろそろきちんと取らなきゃなあ、とは時折考えていたものの、目先のアルコールを優先する生活を続けていたためにHDDを買う余裕などなかった。いやたかだか10000円もあればタイムマシン用のHDDくらいは買えるのだが、それで何杯の酒が飲めるのかと考えると行動に移せなかった。

これだけのバックアップ不精であったのにも関わらず予定していたバックアップの取り方は妙に神経質で、タイムマシン用に1台。そのミラーリング用に1台。データ保存用に1台。そのミラーリング用に1台の計4台を考えていた。

今にして思えば理想が高すぎて実行に移せていないところはありそうである。

 

ちなみに今現在バックアップは取っていない。Mac Book ProとUltra Fine Display、ついでに不調だったキーボードの買い替えで財布にダメージを負ったのと、数ヶ月程度であればDrop Boxで事足りるだろうという中々甘えた考えによる。

ただ夏の賞与が出たら何を差し置いてもHDDを買う。実家の商売が傾いていようが買う。幸いにして父はサラリーマン、母は主婦のためその心配はないが。

 

 

Adobe CC

これは希望というよりは必要なだけではある。

大学入学時にAdobe CS5のマスターコレクションを購入しているのだが、OS X SierraにはAdobe CS5はどうもインストールできないらしい。

ただ元々CS6以降の機能には惹かれるものが多かったため、PCの買い替えがなくともいつか乗り換えるつもりではいた。

Photoshopでレイヤーグループにレイヤー効果やマスクをかけれるようになり、Illustratorで角それぞれに角丸を設定できるだけで月5000円の価値はあると思う。あるはず。あれ。

 

◆そして支払いへ……

Appleは高額商品の購入に際して無金利のローンを組むことが可能なため、今回はそれを利用した。

Mac Book Proで月約10000円。UltraFine Displayで月約5000円。Adobe CCで月約5000円。

都合月20000円を2年間は払い続けることになる。元々まともに貯金もできていないので可処分所得の浪費を減らすべきなのだが、これを書いている今も酒を煽っている。幸先悪い。収入を増やすしかない。

*1:ノートPCを閉じた状態でモニターに繋ぎ、デスクトップPCのように使うこと

*2:すごいハブ。ノートPCにケーブル1本繋ぐだけでモニターやらHDDやらと接続できる

何もしてないのにPCが壊れた話

◆何もしてないのにPCが壊れた。

厳密に言うと何もしてなかったわけではないんだけど、iMacのブートキャンプ使ってMagic Online*1を遊んでたら突然ブルースクリーンが出た。

ドラフト*2のピック中だったんで大慌てで再起動してログインし直したんだけど、再びブルースクリーン

その後は何度再起動してもWindowsが立ち上がる前にブルースクリーンが出るようになってしまった。

 

もうドラフトは諦めてWindows入れ直そうと思いMacを起動しようとしたが、どうもキーボードを認識していないらしく起動ディスクの選択ができない。

この辺りでAppleのサポートに電話。Windowsが絡んだトラブルってこともあって中々解決できず。

結局修理に出す他ないという結論になったが、値段を聞いてみたら50000円。直るという保証もなく、6年弱使ってるPC直すために出したい金額ではなかったので、諦めて買い換えることにした。これについてはまた別に書こうと思う。

 

きちんとバックアップ取っていなかったので、6年分の制作物とかが消し飛んだのはちょっと痛い。金銭的余裕が出てきたら吸い出しを試みるかも。

 

◆教訓めいたもの

・特に変わったことしなくても機械は壊れる時は壊れる。5年過ぎたら用心した方が良い。

・バックアップはきちんと取るべき。

・貯金大事。

*1:Magic : the GatheringのPC用ゲーム。

*2:未開封のパックを用意して、そこから1枚選んで隣の人に回していきながらデッキを作って遊ぶルール。カード選ぶ(ピックする)のに時間制限がある。